データセンター管理においてCMDBを統合するメリットとは?

K-Iwasaki

構成管理データベース(CMDB)は、組織内のハードウェア、ソフトウェア、システム、施設、スタッフなどに関する情報を保存し、IT担当者がこれらの資産(一般的に構成アイテム(CI)と呼ばれる)とその関係性を理解し、管理するのに役立ちます。CMDBは、IT専門家がITサービスをより効率的に提供し、製品やデリバリーのライフサイクルを通じてITとビジネスを連携します。CMDB の一般的な使用例としては、変更管理やチケット管理、影響分析、根本原因分析、法令遵守、インシデント管理などが挙げられます。

CMDB活用のメリット

  • IT環境に関し完全に一元化された、簡単にアクセスできるデータセットを持つことができる
  • データセンターインフラストラクチャ管理(DCIM)ソフトウェアなどの外部ソースとのデータの統合
  • IT資産の構成とそれに依存するコンポーネントの把握
  • 各IT資産がどのように使用されているか、どのビジネスプロセスに使用されているか、どのユーザーによって使用されているかの把握
  • 運用コストやテクノロジー関連の意思決定をサポートするための有用な情報の提供
  • 潜在的な脆弱性を持つ資産を維持することに伴うリスク管理の強化

データセンターCMDBと統合

先進的なデータセンター管理を行っている企業では、従来のIT CMDBの追跡機能を拡張するうえで、DCIMソフトウェアの一部であるデータセンターCMDBを統合して、データセンターの物理インフラに関する情報も追跡管理しています。データセンターCMDBは、データセンターに設置されているすべてのIT機器(サーバ、ネットワーク、ストレージなど)と、それを支えるインフラ設備(ラック、ラックPDU、パッチパネル、統合配線、パッチケーブル、UPS、バスウェイ、分電盤など)を、物理的なポートレベルから仮想マシンやアプリケーションレベルに至るまでの関係性をマッピングして正確に表示します。データセンターCMDBは、リアルタイムのキャパシティ管理と変更管理を可能にし、データセンターの可用性、稼働率、効率を最適化します。

従来からのIT CMDBとデータセンターCMDBを統合することで、どちらのシステムからでもアセットの登録、閲覧、更新、削除が可能になり、シームレスな運用が実現します。このようにCMDBを統合し、データを共有することで、以下のようなメリットが生まれます。

信頼できる唯一の情報源(Single Source of Truth)が実現する

CMDBを統合することで、情報のサイロをなくし、すべての構成アイテムデータの精度を高め、どちらのシステムのユーザーも、CIデータが正確で最新のものであると信頼できる環境(「信頼できる唯一の情報源」)を実現します

ワークフローと生産性の向上

CMDBの統合により、一方のシステムに入力された情報は、もう一方のシステムに自動的にプッシュされます。データセンターの各部門は、複数のシステムでのデータ更新を行ったり(多重管理)、他のソースとのデータ照合を行ったりする必要がなくなり、運用にかかる時間を削減できます。

各部門間のコラボレーションの向上

データセンター運用に必要となるあらゆるデータの全体像が構築され、ファシリティ部門、IT部門、総務部門の各部門で、データドリブン型のコラボレーションと意思決定が可能になります。

セキュリティ管理の簡素化

統合システムを持つことで、ユーザー権限管理が簡素化され、セキュリティポリシーの遵守が保証されます。ユーザーによっては、1つのCMDBにしかアクセスする必要がない場合でも、必要な関連データを閲覧することができます。


DCIMツール各製品に関するご質問やご相談はこちら
弊社取り扱い各DCIM製品の紹介トップページはこちら

お気軽にお問合せください

お問い合わせ

03-6362-6990

営業
時間
9:00 - 17:00
土日・祝日・年末年始を除きます

LINEで問い合わせる

右のQRコードから
お友達登録をしてお問い合わせください