garmitをより便利に使いこなすTIPSその9 ~CSVファイルの自動生成

K-Iwasaki

弊社が取り扱うおススメ国産DCIM「garmit」の機能を使いこなすTIPSのご紹介シリーズの第9弾。
今回はちょっと便利な機能、「CSVファイルの自動生成」機能のご紹介とともに、garmitでの計測データの取り扱いに関するヒントをお話しします。

皆様のデータセンターには数多くの計測センサーが配置され、常に変動する使用電力や温湿度などの環境状態をリアルタイム・モニタリングされていることと思います。

【レポートスケジュール画面】登録されたスケジュールと出力状況一覧を表示したもの。「表示」ボタンをクリックすると、ファイル一覧が表示され、そこからファイルをダウンロードすることができる

そのリアルタイム・モニタリングに加え、DCIMツールを導入することで、計測データをデータベース内に蓄積し、過去の統計データから傾向分析を行うことが出来るようになります。
ツールのGUI画面で表示されるトレンドグラフは見やすいですが、集計データをスプレッドシートに出力し加工したいといったニーズもあることから、DCIMツールにはCSV出力機能が標準的に設けられています。

CSV出力は基本的にユーザーによる手動操作で行われます。
garmitの場合、「データレポート」という機能を利用して、手動で例えば月末や月初に1ヶ月分のデータを出力したりすることができます。
でも、毎月同じ操作を手動で繰り返しやることは煩わしいですよね?そこで、出力対象、出力範囲、データ種別などをあらかじめ設定・保存し、それをスケジュール登録しておけば決まった日時にCSVファイルを自動出力させることができます。

garmitでのデータ取り扱いのヒント

garmitの計測値にはリアルタイムデータ(瞬時データ)とダイジェストデータ(集計データ)の2種類があります。
「リアルタイムデータ(瞬時データ)」はユーザーが指定したポーリング間隔で取得したいわゆる「生データ」です。一方「ダイジェストデータ(集計データ)」は一定時間が経過したあとにリアルタイムデータをひと纏めにしたものです。長期間リアルタイムデータをデータベース内に保存するとあっという間にストレージ容量の肥大化を招きますので、データのダイジェスト化は必ず行う必要があります。しかし、リアルタイムデータをもっと長い期間で取っておきたいというニーズもあるかと思います。
そんな時にこのCSV自動出力機能を活用して、労せずそのニーズを満たすことが出来るのです。

garmitでは、標準ではリアルタイムデータは60秒周期で取得し、それらは24時間~48時間保存していますが、例えばそれを1ヶ月分保存しておきたいという場合には、レポートスケジュールとして、リアルタイムデータを1ヶ月分保存する設定をしておくと、システムから自動削除される前にCSVファイルは自動生成され、1ヶ月分のリアルタイムデータを外部に保存しておくことができます。


garmit DCIMの製品概要ページはこちらから
詳しい製品説明やデモをご希望のお客様はお気軽にお問い合わせください

お気軽にお問合せください

お問い合わせ

03-6362-6990

営業
時間
9:00 - 17:00
土日・祝日・年末年始を除きます

LINEで問い合わせる

右のQRコードから
お友達登録をしてお問い合わせください