ニューノーマル時代、最新のDCIMソフトウェアが備えるセキュリティ機能は?

K-Iwasaki

コロナ禍も少し落ち着いた感もあり、テレワークから通常勤務に戻そうとする企業もあるようですが、テレワークを実際にやってみて、そのメリットを実感された方々も多かったのではないでしょうか?
今後感染が再拡大しようがしまいが、リモート勤務と通常勤務のハイブリッドな働き方は特にIT関連業界では定着していくように感じています。

そこで従業員のリモートワークがもたらすセキュリティ上のリスクは企業にとって一つの関心事・課題となっているかと思います。近年、情報漏洩、ランサムウェアなどのハッキング行為などが相次ぎ、セキュリティ対策は非常に重要です。そこで、現在では「社内LANやインターネットに関係なく、あらゆる通信を信頼しないことを前提とし、さまざまなセキュリティ対策を講じていく」ゼロトラスト・セキュリティという考え方が一般化しつつあります。

さて、ニューノーマルな働き方の中、完全ウェブアプリケーション化(さらにクラウドに対応)した最新のDCIM運用管理ツールは、データセンター運用担当者やインフラ、IT担当者の運用効率を大いに向上させます。しかし、一方で前述のようなセキュリティリスクに対してはどのような対応がなされているのでしょうか?実際に安全なのでしょうか?

最新のDCIMソフトウェアは、以下のようなセキュリティ機能を備えています。(※ 製品により機能は多少異なります)

  • SSLサーバ証明書への対応
  • IPベース、プロトコルベースのアクセス制御
  • 二段階認証
  • 多要素認証
  • パスワード複雑性
  • アカウントロックアウトのポリシー
  • アクセスログ監視

更に、既存のLDAPシステムやActive Directoryとの統合による認証レベルの向上にも対応しています。

導入をご検討される際には、機能面やコストばかりを見るのではなく、このようにしっかりとしたセキュリティ機能を持っているかどうかも確認いただくことをお勧めします。


データセンターインフラ運用課題解決に向けたご相談は、DCIMのスペシャリストである弊社までご相談ください
弊社のDCIMソリューションページはこちら

お気軽にお問合せください

お問い合わせ

03-6362-6990

営業
時間
9:00 - 17:00
土日・祝日・年末年始を除きます

LINEで問い合わせる

右のQRコードから
お友達登録をしてお問い合わせください