【DC運用ユースケース】リース契約満了が近いIT資産を検索する

K-Iwasaki

データセンター内には数多くのICT機器が導入され稼働しています。
それらは異なるタイミングで設置され、そして製品ライフサイクルもそれぞれ異なります。
その中で、リース資産として運用されているIT機器があった場合に、何らかのリース契約管理台帳で管理されているかと思います。
もしそれをExcel管理台帳や個別の簡易的なリース資産管理ツールなどで運用されていたりした場合、DCIMツールを使うとより良い管理が行えます。

DCIMツールが提供する重要機能の一つに「資産管理」機能がありますが、それは単純な機能ではありません。機器のスペックやシリアル番号、ホスト名、ポート情報、IP情報などあらゆる項目の管理が行えます。その中には契約関連情報も含まれます。
リース契約に関する様々な情報はそこに登録することになります。

それらはDCIMツールが持つワークフロー機能により、調達から設置、運用から廃棄に至るまでのライフサイクル全体が管理されます。

そしてDCIMツールのもう一つの特徴的な機能である、ビジュアルにサーバールーム全体を閲覧できる機能を使い、即座に確認したいIT資産の現在の設置場所を特定する事が出来ます。

例えば、リース契約満了が近い機器を知りたい場合、検索条件で任意の契約満了日を指定します。すると、図のように該当するIT資産が抽出され、3Dビジュアル画面に表示されます。

ちなみに検索は複合条件が設定できますので、例えば管理部門で絞り込んだり、契約会社で絞り込んだり、お客様のニーズに合わせて柔軟にお使いいただけます。

今回ご紹介した機能は一例ですが、DCIMツールはデータセンターにおけるあらゆる運用ニーズを満たせる機能を備えています。DCIMツールが持つ多種多様な機能をいかに数多く使いこなすことが、運用効率を向上させ、導入効果を最大限にもたらす結果に繋がります。

今後も続々とDCIMツールが持つ素晴らしい機能を紹介していきますので是非ご覧ください。


今回ご紹介したDCIMツールはこちら
実際のデモ(リモート可)をご覧になりたい方はお気軽にお問い合わせください。

お気軽にお問合せください

お問い合わせ

03-6362-6990

営業
時間
9:00 - 17:00
土日・祝日・年末年始を除きます

LINEで問い合わせる

右のQRコードから
お友達登録をしてお問い合わせください