サーバールーム(小規模)の空調 ~InRow SC~

K.Saito

近年、クラウド移行が進み、多くの企業のサーバールームではIT機器が減少しており、これに伴い、サーバールーム自体の在り方も変化しています。
IT機器が減少したことにより、下記のようなケースのご相談を頂く機会が多いです。

■ケース①:IT機器は減少したが、設備自体は以前のまま

  • 移行前の負荷に合わせた設計であるため、オーバースペック
  • 空調機を更新すると非常に高額になる
  • 空調機を入れ替えた場合もコストが高額になる。
  • 部屋温度が低い(過冷却)

■ケース②:IT機器を搭載しているラックが倉庫や保管室などの居室にある

  • 専用の空調機ではなく、オフィス空調と共用
    • 寒い時期は暖房になってしまう
    • 温度設定が出来ない
    • ビル空調が停止する場合がある
  • 十分な換気ができていない
  • 居室温度が高い

『スポットクーラー』、『空調一体型ラック』で応急的な措置をご検討されているケースもありますが、我々では環境(主に換気)や負荷の状況によりますが、『InRow SC』をお勧めしております!

『InRow SC』は…、

  • 室内機と室外機が一体型であり、低コスト且つ省スペースで容易に導入
  • 冷却能力:約5KW
  • ネットワーク管理が可能で管理者にとっても管理が用意
  • ビル空調との冗長化としての活用も

 (製品詳細:InRow Cooling – DC ASIA Ltd. (dcasia-ltd.com)