煩雑なデータセンター内の資産管理



データセンター内の機器の資産管理は結構大変です。


機器のメーカー、型番、サイズ、重量、消費電力などのスペック情報から始まり、シリアル番号、MACアドレス、IPアドレス、ホスト名などの固有情報、あるいは、管理担当者や保守期限・リース期限などメンテナンス系情報など多岐にわたります。

また、ユーザによっては、機器に実装しているカード、モジュール(とそれに含まれる各種インターフェース)、あるいはハードディスク情報なども管理したいケースがあります。

これらを一つのシートで管理するのは大変です。


更に、その各機器の設置場所(部屋、ラック、ラック内位置、前面or背面?)、そして各インターフェースの配線情報やその属性情報などの管理も運用上必要とされるでしょう。

最近では仮想マシンと、上記で述べた物理サーバ情報との紐づけも欠かせません。

さて、これらの情報を日々多忙な運用の中、情報の精度を常に維持していく必要があります。同時に、メンテナンス時に情報の迅速な閲覧ができなければなりません。

これらの情報管理を既存ツールでどれだけ効率的に実現できるでしょうか?

これら情報をいかに効率的に管理し、日々の運用の無駄やリスクを抑えていくことが、DCIM(データセンターインフラ管理)システムが必要とされる最も基本的な考え方となります。