Sunbird dcTrackのラック実装図で見れる情報は?

K-Iwasaki

今回は弊社が取り扱うDCIMソフトウェア製品のひとつである、Sunbird dcTrackの「ラック実装図」にまつわる機能を一部紹介しようと思います。

Sunbird dcTrackは、非常に多機能な製品であり、2Dラック実装図(=ラック立面図)ひとつとっても非常に多岐にわたる情報の確認が「簡単に」できるのが特徴です。

では、どのような情報が見れるのかを、以下に整理してみました。

・実装状態図

・前面図
・背面図

・各機器の搭載U数(前面マウント、裏面マウント、両面マウント、棚板置き)
・搭載機器情報

・管理名称
・エイリアス名
・メーカー・型番
・シリアル番号
・アセットタグ

・搭載機器種別(色分け表示)
・搭載ステータス(色分け表示)

・稼働中
・予約中(作業中)

・搭載機器の画像イメージ
・搭載機器のポート配置、及び接続ポート
・センサー取得値

・電源(電流A、皮相電力VA、有効電力W)
・温度
・湿度
・電子錠

・アラーム状態(設定しきい値に対して)
・キャパシティ

・電力(W)

・ラック全体容量
・負荷機器の定格値合計
・負荷機器の実測値合計

・排熱(BTU/h)
・荷重(Kg)
・搭載機器の数量
・空きU数合計
・最大の連続空きU数
・空きポート数

・メタル
・ファイバー
・同軸
・電源

なんと、これだけの情報がラック実装図から確認ができるのです。
更に、ここからワンクリックで別の画面に推移させることで、更に以下の情報の閲覧もできます。

・詳細な資産情報(ラック、搭載機器)
・配線接続経路(搭載機器)

データセンター内で発生するあらゆるオペレーションに対して、正確な情報をいかに迅速に提供するのがこのような管理ツールの役目であり、このことで様々な運用上の課題やリスクを最小化させ、運用効率を最大化します。

今回ご紹介した内容の詳細についてはリモートデモなどでご紹介いたしますので、ご覧になりたい方は是非お声がけください。

 


Sunbird dcTrackの概要ページはこちら
製品に関するご質問やご相談はこちらから

お気軽にお問合せください

お問い合わせ

03-6362-6990

営業
時間
9:00 - 17:00
土日・祝日・年末年始を除きます

LINEで問い合わせる

右のQRコードから
お友達登録をしてお問い合わせください