アセスメントとデータセンターの可用性の関係性

【イベント開催報告】~アセスメントを工夫することで、データセンターの可用性は改善されるのか~


株式会社 DC ASIAは先月4月20日(木)、英国DataCenterDynamicsよりGreg sherry氏をお招きし、「アセスメントを工夫することで、データセンターの可用性は改善されるのか」といった切り口から、DCが直面する課題の解決をテーマに講演会を開催しました。


当日は、DC事業者・クラウド事業者・メーカー・ユーザーの皆様などDC業界で活躍されている25名の方々に参加いただき、講演会やネットワーキングイベントを通じて、これからのDC設計・運用や、日本のDC業界の課題などについて、幅広く意見交換を行う有意義な時間を共有しました。


-海外のデータセンターのトレンドについて実際に携わっているキーパーソンから聞くことができた

ー普段とは異なった視点での可用性向上のアプローチの話が有意義だった

ー品質の評価軸として、ストックよりもフローに重きを置いている点が興味深かった

ー様々な専門分野の人が集まり、異なる切り口で話を聞けた

ー日本の現状に即した説明があればよかった

ー電力空調の運用設備や、OCPの未来について聞きたい


など、セミナーやネットワーキングへの高い評価をいただく一方で、今後のセミナー内容などへのご意見も頂くことができました。

今回頂いたフィードバックや要望、興味深いトピック等を反映させながら、今後も皆様が情報を共有しあえる魅力溢れる場を築いていこうと考えております。これからも、DC ASIAにご期待ください!





  • Instagram - DC ASIA
  • LinkedIn - DC ASIA
  • Facebook - DC ASIA
  • Twitter - DC CAFE
  • YouTube - DC ASIA

Copyright © 2020 DC ASIA Ltd. All Rights Reserved.