DCIM | Commscope - iTRACS DCIM | DC ASIA Ltd.

ホーム > 製品 > 運用管理 > iTRACS DCIM | Commscope

Commscope iTRACS® DCIM

完全なアセット可視化を実現したデータセンターインフラ管理システム

 データセンター内の完全なキャパシティ管理をアセット属性、電力、ケーブリングなどの情報を集約し直感的な操作性のリアルな3Dビューで実現可能なDCIMソリューションであるiTRACS DCIMは、ユーザに無限大のカスタマイズ性や柔軟性も提供し、従来の煩雑な台帳管理を劇的に改善します。設備全体の現状がバーチャルに見えるようになり、わかりにくい台帳管理から解放され、業務の迅速化や効率化につながります。

 iTRACS DCIMは開発当初より培ってきた配線管理とIT資産管理機能に強みを持つ長い歴史と実績を持つ統合型DCIM運用管理ツールの一つです。特にIT機器・設備の徹底した資産管理や配線管理をしっかりと管理されたいニーズに対し最高のコストパフォーマンスを発揮します。

  • 3Dビューワーでの設備情報の可視化

  • 機器のモジュール単位レベルの資産管理機能

  • 強力な通信・電源配線管理機能

  • 自由なカスタマイズ性

  • 柔軟な他システムとの連携性

  • ​既存Excel台帳運用との親和性

iTRACS DCIMについて

iTRACS DCIM 機能概要

iTRACSは、Windows1.0の時代から物理インフラの管理システムを提供している最も歴史の古いデータセンターインフラ管理ツールであり、また、世界に先駆け3Dモデルによる管理を実現した最も最先端なDCIMツールです。
全世界で1,100社以上の多岐にわたる業種・マーケットに対しての導入実績を誇り、現在でもおよそ10,000,000台以上の物理アセットがiTRACSにより管理・運用されています。(※注:2012年時点)

またiTRACS DCIMは、データセンターはもちろんのこと、オフィスフロアの情報コンセント(ローゼット)や端末、更には什器の位置管理などにも活用できる万能インフラ管理ツールです。

iTRACS DCIM操作画面イメージ

3Dビューワー

バーチャルに再現された3D仮想空間の画面上を自由に移動し、現場で確認できる以上のあらゆる情報(例:配線接続状況、資産情報、ラックの現在の荷重や使用電力量など)を直観的に容易に確認することができます。

 

電源冗長

シミュレーション

 

例えば分電盤主幹回路がトリップ時の影響範囲の調査を行いたい場合に、iTRACSに登録された電源接続経路情報や資産登録情報などをベースに、ユーザーが直観的にわかりやすい形でシミュレーション表示します。

ウェブ

インターフェース

標準でサポートするウェブユーザインターフェースを使えば外部ネットワークのアクセスも可能。


iDCにおけるハウジング、コロケーションユーザに対するサービスインターフェースとしても活用可能。 

レポート機能

データベース内のあらゆるデータから、ユーザが自由にレポートテンプレートを作成し、ワンクリックで出力

(アセット情報、電源利用情報、接続情報、ゴーストサーバ一覧など膨大な標準テンプレートも付属)

レポートは、印刷やExcel、PDFなど外部出力可能

 
 
  • Instagram - DC ASIA
  • LinkedIn - DC ASIA
  • Facebook - DC ASIA
  • Twitter - DC CAFE
  • YouTube - DC ASIA

Copyright © 2019 DC ASIA Ltd. All Rights Reserved.