Schneider Electric社製 InRow Cooling series | 冷却ソリューション | DC ASIA Ltd.

Home > Product > Cooling > InRow Cooling | Schneider Electric

Schneider Electric社製 InRow Cooling series

InRow Cooling Product Overview

 Schneider Electric's InRow cooling is a rack-type air conditioner that can be use to scalable. These are available from the server room of the enterprise to the data center operators. InRow cooling is used by layout server rack rows. As a result, you can use without waste space of server room. Furthermore, InRow cooling can be made highly efficient by installing it near the server.

You can select the InRow model according to your needs, operating environment, capacity and operation method.

 In addition, you can select HACS (Hot Aisle Containment System) or RACS (Rack Air Containment System) by Eco Aisle as options that can be used more efficiently. HACS and RACS can recover 100% of the exhaust heat of the server and can significantly increase the cooling efficiency. There is also the advantage that cooling capacity and redundancy can be designed in units of HACS / RACS.

 

《Features》

  • Server rack type design

  • Selectable cooling system (Cold water type / DX type)

  • Capacity and Redundant design possible per rack row

  • Scalable Design

  • Variable speed fan

  • High power efficiency

  • Can be designed without raised floor

  New  
InRow Cooling Air Flow
  10kW  
InRow SC
Model Lineup of InRow Cooling
  New  

InRow Cooling Selecting

 The first selection of the InRow Cooling determines whether chilled water or direct expansion type (DX-type). After that, consider cooling capacity and redundancy.

 

  • Selection by cooling method

    • When cold water is not available ⇒ Direct expansion type (DX type)

      • InRow SC ⇒ ~ max 10kW / unit

      • InRow RD ⇒ ~ max 34kW / unit

    • When cold water is available ⇒ Water cooling type ※By the specifications of the cold water heat source, different available products.

      • Cold water supply temperature : 5~15℃

        • InRow RC ST (Standard Temperature) ⇒ ~ max 40kW / unit

        • InRow RP CW ⇒ ~ max 70kW / unit

      • Cold water supply temperature : 10~22℃

        • InRow RC HT (High Temperature) ⇒ ~ max 60kW / unit

  • Redundancy

    • Design row redundancy

      • Required condition information

        • Airflow​ [CFM]

        • Total amount of heat [kW]

    • Redundancy Level

      • ​N system

      • N+1 system

      • N+2 system

​ Actual load capacity is important enough when considering capacity redundancy. Because it wasted operating costs as well as the introduction cost of equipment also occurs.

 In addition, insulation of cold air and hot air by HACS and RACS by EcoAisle can improve the cooling efficiency. It also makes it easier to manage capacity and redundancy. We recommend a usage plan in conjunction with InRow cooling systems.

 

 
 

InRow RC Overview

 InRow RC is the air conditioning products that use cold water. Therefore, a cooling heat source facility is required, either existing or new. We can propose 3 models for Japanese market.

《Features》

  • Rack type design ※wide 300mm or 600mm

  • Variable speed fan control

  • Hot Swappable Fan Replaceable ※ACRC301 series

  • Selectable cold water control

       *Two-way valve control or three-way valve control​

  • Redundant power supply

  • Selectable (upper / bottom) piping connection

  • Network management function

ACRC301S
ACRC301H
ACRC600P
 

InRow RC Specifications

 ※上記の値の一部は、ある想定条件下での数値となります。詳しくは、メーカー発行の仕様書等の確認が必要です。

InRow SC Overview

 InRow 空冷内蔵型空調ユニットは、冷媒(R410A)を利用する空調製品になります。また、ラック型の室内ユニットに一般的に言う室外熱交換器部分が内蔵されて一体化されています。これにより、一般的に必要となる室内機と室外機の間の配管施工が不要です。ラック1本から10本程度までのサーバールームなどに最適な計画ができ、企業にとって重要なIT機器を24時間365日の安定稼働を実現できます。

【主な機能・特徴

  • ラック型の筐体 ※幅300mmの筐体

  • 約5kWの冷却能力 ※26.7°C DB, 19.4°C WB

  • 凝縮器一体方式により、室外機が不要

  • スポット / InRow / RACS モードを選択可能

  • 可変速ファン・・・無段階の風量コントロール

  • ドレインポンプ内蔵

  • 冗長電源

  • ネットワーク管理機能を標準装備

 
  New  
ACSC100/ACSC101

InRow SC Specifications

 ※上記の値の一部は、ある想定条件下での数値となります。詳しくは、メーカー発行の仕様書等の確認が必要です。
 
 

InRow RP DX Overview

 

 空冷式​のInRow Coolingは、冷媒(R410A)を利用する空調製品になります。ラック型の室内ユニットと室外熱交換器を1:1で組み合わせて利用します。よって、サーバールームから室外機置場までの配管施工が必要になります。また、室外熱交換器は、室内ユニットより高い位置に設置する必要が有ります。

  • 【主な機能・特徴

  • ラック型の筐体 ※幅600mmの筐体

  • 可変速ファン・・・無段階の風量コントロール

  • ドレインポンプ内蔵

  • 冗長電源・・・スタンバイ入力電源に対応

  • 選択可能(​上部 / 下部)な配管接続

  • ネットワーク管理機能を標準装備

  • VFD制御によるスクロール圧縮機

  • ​加湿器を標準装備

ACRD600

InRow RP DX Specificatons

 ※上記の値の一部は、ある想定条件下での数値となります。詳しくは、メーカー発行の仕様書等の確認が必要です。
 
 

EcoAisle Overview

 EcoAisleは、InRow Cooling製品だけでなく、既設の冷却環境にも応用できるラインナップが有り、導入することにより、空調効率を最大限に高めるとともに、冷却キャパシティの管理や冗長性の管理をラック列単位で実現できるようになります。EcoAisleを利用しHACS(Hot Aisle Containment System)を作り出すことにより、サーバーの排熱の周り込みやショートカットを防ぐことができ、ホットスポットなどの熱障害を未然に防ぎ、サーバーの可用性を高めることが出来ます。

 また、冷却キャパシティや冗長性をラック列毎に設計を変えることが出来ことにより、重要度やニーズにより”柔軟”に、”スケーラブル”に、無駄な投資を避け、拡張計画をすることが出来ます。

 
RACSイメージ
Case1
背面を囲って利用
​N構成
Case2
前面と背面を
囲って利用
​N構成
Case3 
背面を囲って利用
​2N構成

RACS Overview

 RACS(Rack Air Containment System)は、InRow Coolingの空調効率ならびに冗長性の管理を1ラック単位から1列の架列単位で管理運用できるソリューションです。InRow Coolingとサーバーラック(NetShelter SX)ならびにラック前面側の囲いとラック背面側の囲いを両方もしくは背面側だけを組み合わせて利用することが出来ます。背面側だけの場合、EcoAisleで作り出すHACS(Hot Aisle Containment System)と同様な環境をラックと背面側の囲いのアクセサリだけで構築することが出来ます。また、合わせて前面側の囲いも利用すると、周囲の温度環境に全く依存せずに、システム単位で安定した温度環境を構築することが出来ます。

 
  • Instagram - DC ASIA
  • LinkedIn - DC ASIA
  • Facebook - DC ASIA
  • Twitter - DC CAFE
  • YouTube - DC ASIA

Copyright © 2019 DC ASIA Ltd. All Rights Reserved.